企業看護師のメリット・デメリットとは

ズバリ企業看護師のメリット・デメリットとは?

企業看護師のメリット・デメリットには一体どんなものがあるのでしょうか?まずは企業看護師として働くメリットについて考えてみましょう。

 

・土日休みで残業・夜勤なしだからプライベートの時間が持ちやすい
・病院勤務の看護師にありがちな看護師としての上下関係に悩まされなくて済む
・デスクワークが主なことが多いので、体力的な疲れは少ない

 

病院勤務の看護師は残業があることがほとんどですし、土日も仕事、夜勤もありとなかなかプライベートの時間を持ちにくいのが悩みとなることが多いものです。特に既婚の看護師にとっては家事と両立させる上で難しく感じることもしばしばでしょう。しかし企業看護師は土日休みで残業・夜勤もなしということがほとんどなのでプライベートを充実させやすいといえます。

 

企業看護師

 

また病院勤務の看護師の悩みの元となるものの1つに看護師の上下関係があります。先輩看護師の顔色を伺いながら働く看護師も少なくなく、そのためのストレスも大きいようです。しかし企業看護師なら勤務先によっては看護師は自分ひとりということもありますし、看護師同士の上下関係で悩まされることはほとんどないといえるでしょう。

 

さらに立ちっ放しの病院勤務の看護師と違って企業看護師の仕事は主にデスクワークなのも特徴です。そのため、体力的に疲れにくいというメリットもあります。

 

 

逆に企業看護師のデメリットについては次のようなものがあります。

 

・自分ひとりが看護師という場合に責任が重くなる
・場合によっては給料がかなり低くなることがある

 

勤務先によっては看護師が自分ひとりということがあるので責任が重いということがあります。例えば、保育園などに勤務している場合は、急に体調を壊した子どもが出たような時など病院に連れていくかどうかなどの判断を下すことが求められます。

 

また職場によっては持っているスキルや能力で給料の差が開くことがあり、病院勤務の看護師よりも給料かなり少なくなることがあります。

 

このように企業看護師で働くことにはメリット・デメリットの両方がありますから、これらを比較考慮して転職を計ってくださいね!企業看護師の求人情報を探す場合は、下記の求人サイトがお勧めです。